セックスはテクニックよりも、優しさが大事と女性に言われて感慨深かった話

sex-ai

とある女性とセックスをした時に言われたことです。

気持ち良さはテクニックではなくて、優しさ

だと思う。そのセリフがすごく胸に刺さったので共有したいなって思った書き綴るエッセイです。笑

セフレでもない、彼女でもない、謎の関係性

セフレでもなく、彼女でもない、ただ傷付あうわけでもなく、ピンと張った糸で繋がっているような関係性のお相手がいるってかた

いませんか??

私にはいました。

過去形なのは、もう会うことはおそらくないだろうなっと思うからです。

彼女は独り身であり、寂しがりやでした。

寂しがりやな彼女は稀に私に連絡をよこします。私は連絡を受けて、何も考えずに返し、会おうとなれば会いに行きます。

会って何気ない会話をして、お酒を飲むこともあれば、飲まないこともあり、触れ合うこともあればふれあい、セックスをするときもあれば、します。

でもカップルではないし、お互いに恋愛感情はないんです。

正確には「ない」と決めている関係、といった感じでしょうか。

もしも、二人が「ある」となれば、いつか終わりがくる。だけれども初めから「ない」と決めておけば、終わることもない。

だって始まってもないから。

始まってしまえば、お互いのエゴをおしつけあうことになる、きっとそうなれば私たちは合わないだろう。

言わないけれどお互いがそう思っていて、だから付き合おうという話にもならないし、絶妙な距離感が続くんです。

そんな彼女に言われた一言が、

あなたとのセックスは気持ちがいい、それは優しさがあるからだと思う。

という言葉でした。

セックスはテクニックではなく相手を思いやる心だ

セックスは技術やテクニック的なものに走りがちです。

私も勉強をしましたし、頑張ります。男子諸君なら、手のスナップとかさ、練習しますよね。笑

彼女はそれなりに経験人数を重ねてきた人でしたが、どうやらあまり濡れない体質であり、気持ちいいというのもそこまでないらしいのです。

でも私といるときは一切そんなことを感じさせません。

だから、聞いたときは驚きでした。

そこで言われたんです。

「あなたのセックスには優しさがある。だから勝手に濡れるし、感じる。」

と。

ポカーン、としました。笑

なぜなら私自身も優しくしているつもりなどは全くなかったからです。

優しさというよりかは、自分のためにも相手には喜んで欲しいし、気持ちよくなって欲しい、だからまずは相手からだ。

というのが最前提にあるからです。

ですが、どうやらその考えが伝わるから嬉しい、あったかいと言われました。

セックスって技術だけでもないんだな、と思った瞬間でした。

技術は必要、でも、優しさや愛はあるよ

技術は絶対的にあったほうがいいとは思います。

だって、めっちゃ触り方が痛かったり、舐め方が雑でよだれでベトベトだったりしたら嫌な人はきっと嫌だ。笑

ただ、技術・テクニックも大事だけど、上手い人はいたけれど感じないし、濡れなかったのは、自分のことばかり考えているのがわかるから、だそうなんですね。

この辺ってニュアンスなのですが、わかってもらえる人はいると思います。

自分というよりも、相手のことを考えて、相手がどうされたらいいのか、それしか考えませんし、しません。

すると勝手にお互いが気持ちよくなっているといったイメージです。

私自身言われてポカーンとしたくらいですから。笑

有意識でやってはいませんが、コレってセックスに限らずに人間関係で大切なことだなーと思います。

どうしてもセックスがうまくいかないとか、相手が気持ちよくなってくれない、濡れないって人は

落ち着いて技術に走りすぎてませんか?

自分のためにじゃなくて、相手のためにできていますか?

私だってまだまだですが、一旦止まって考えてほしい。

この記事がきっかけになれば何よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です