ブロガーやyoutuberは注意!後悔する前に学ぶ著作権と引用の基本ルール

著作権と引用

ブログやメディア、最近ではyoutubeを公開しているyoutuberなど、情報媒体を運営していると必ずと言っていいほどぶつかるのが、著作権と引用についてです。

今回は、どちらの情報ともに、文化庁のホームページを参考にしながら自分の経験にも当てはめて調べてみました。

ど素人的な目線なので、具体的に知りたい内容がある方は、

EC法務.com

STORIA法律事務所

などを見ましょう。

非常にわかりやすくまとまっていて、ためになります。

著作権や引用を網羅的に知っておくことで

  • トラブルが防げる
  • 時間短縮
  • 後々に削除しなくて済む

などのメリットを得ることができると思っています。

結論からいうと、著作権やルールは別に知らなくてもある一点さえ守っていればいいと思っています。

それが、

著作物の権利を持っている人、団体を汚さないこと

だと思います。

そもそも、著作物とか、権利とかわからない方は、基本ルールを覚えましょう。

基本ルールを知るためには、

  • 著作権法
  • 著作物とは
  • 第32条の引用について

を知らなければなりません。

まずはそれらに触れながら、著作権と引用についてブロガーが気をつけなければならない点をまとめていきます。

著作権法とは

 

著作権法は、著作権というのが一般的ですが、著作権にかかわる法律という意味になります。

著作権は、著作物と著作者を守るのが目的である決まりを言います。

作ったものをいかにも自分が作ったかのような人が多かったことから作られたのでしょうね。

著作物とは

著作権で守られる著作物とは何なのか、

文化庁の概要をそのまま見てどういうことか理解をしましょう。

著作権法で保護の対象となる著作物であるためには,以下の事項をすべて満たすものである必要があります。

(1)「思想又は感情」を表現したものであること

→ 単なるデータが除かれます。

(2)思想又は感情を「表現したもの」であること

→ アイデア等が除かれます。

(3)思想又は感情を「創作的」に表現したものであること
→ 他人の作品の単なる模倣が除かれます。

(4)「文芸,学術,美術又は音楽の範囲」に属するものであること
→ 工業製品等が除かれます。

具体的には,小説,音楽,美術,映画,コンピュータプログラム等が,著作権法上,著作物の例示として挙げられています。
その他,編集物で素材の選択又は配列によって創作性を有するものは,編集著作物として保護されます。新聞,雑誌,百科事典等がこれに該当します。

引用:著作物について/文化庁

単なるデータは除かれます。

つまりは、人間一人一人の情緒的な、感情的な要素が入ると創造物になるわけです。

あれを見て暑いと感じた。

あれを見て熱く燃えるような夏の日差しを感じた。

などをコピーすることはできないわけですね。

なので、厚生労働省や文部科学省のデータなどは創造物とは言いません。

ただし、その資料の順番、配列を全て模倣するとなれば、著作権フリーになっているか確認をして、書いていなければ確認をする必要があると言えます。

著作権法第32条の引用とは

一番重要な点ですね。

著作物は基本的には使ってはいけません。

ただし、著作物が自由に使える場合というのがあるのです。

その中に引用が含まれています。

 [1]公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)[2]国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することができる。ただし,転載を禁ずる旨の表示がされている場合はこの例外規定は適用されない。

引用:著作物が自由に使える場合/文化庁

自由に使える場所にある引用部分には、具体的にどのような時に使って良いかが書かれていませんでしたので、別のページで探しました。

MEMO

引用について詳しく知りたい方は、

著作権なるほど質問箱から、

「8.著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合」

を検索してみましょう。

引用の第32条第1項によると、

他人の主張や資料等を「引用」する場合の例外です。

【条件】

既に公表されている著作物であること

「公正な慣行」に合致すること

報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること

引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること

カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること

引用を行う「必然性」があること

「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

引用:「引用」「転載」関係

僕なりにまとめると、

既に公表されている著作物であること

世に出回っているものってことで、未公開のものはダメってことですね。

公正な慣行に合致すること

言葉を柔らかくすると、公正「おおやけ(誰が見ても)ただしいと思えるか」な慣行「もともと自然と行っていた行為、習わしか」に合致「合っているか」ということです。
まあ、個人的にいいだろ!とかではなくて、決めるのは社会だよ、的な感じなんですかね。

報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること

正当な範囲内の正当が論点になると思うのですが、批評をする上で、要素としてどれくらい含まれているか、が重要なのだと思います。著作物が中心となる報道、批評、研究となると、なくても良いものであり、次の主従関係にも関係してくると思うのですが、あくまでも「何について話しているかを補助するもの」程度に使っていなければならないことだと思っています。

引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること

引用部分とそれ以外の部分の主従関係に関しては、非常にわかりやすく、自分の考えがあって、それを補助する部分が著作物であればいいってことですね。

僕は◯◯と思っていた。同じく◯◯さんの著書でもこう書かれている。
“引用部分”
出典:著作物/著作者

カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること

これはテンプレートにも付いているので、引用箇所には引用ブロックかコードを付けて文章的にもhtmlソース的にも区別すれば問題はないので、気にしなくてよさそうです。

引用を行う「必然性」があること

必然性ってなんだろう。ここが論点になってしまうと、僕は思った。笑

「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

出典元、情報元となるものは何なのかがわかるように書かなければなりません。そうでないとあたかも自分が作ったかのように見えるからですね。

困るポイントは、必然性と主従関係

 

僕が思うに、言っていることが人によって変わってしまうポイントは

  1. 主従関係
  2. 引用を行う必然性
  3. 公正な慣行
  4. 正当な範囲

ではないかと思います。

特に引用を行う必然性に関しては、偶然的なものではなくて、その引用でなければダメ。という意味なので、やたらめったに引用を使うべきではないです。

僕が今書いてある記事では、引用として、一次情報である文化庁のデータを使っています。

これがどこかのブロガーの文章を使うとなると、必然性がなくなってしまうわけですね。

注意

ただし、非常にこの人の考えには共感ができる
というような文章なのであれば、ブロガーの引用をしてもいいのではないか
と思われる。

誰かに突っ込まれてしまっていても、合理性があり、必然性を論理的に、かつ一般的に理解をされるようでない場合は使えないということになります。

主従関係は普通にコンテンツを作っていれば、他人の文章や画像がメインとなってしまうことはなさそうです。

公正な慣行としては、今まで許されていた範囲は許されるであろうという文章だけど、これを甘く捉えて周りがやっているからやろう。

になってしまっては危ないです。

周りがやっていても、訴えるレベルではないからいいと思って、自分で判断をしましょう。

公正な範囲は、主従関係とほぼ同じで、文章中に他人の著作物で埋められるようなことがないようにすればいいと思われます。

他人の著作物を使わないほうがいいのか

 

他人の著作物を使わないほうがいいのか?

と思ってしまいますが、結論としては、必要としないのであればそれが一番良い。

と思っています。

ですが、そうともいきませんよね?

だって、伝えたいことがある時には、時には権威者や医学的根拠を用いるなどをする時があるでしょう。

ただし、その時に著作者を邪魔しないように使わなければならないということになるわけです。

引用するときは許諾を得たほうがいいか

 

では、引用する時は許諾を得なければならないか?

答えとしては、著作権32条の引用を守っていれば、許諾や著作者への連絡はしなくても良いと言えます。

仮に、著作物なので、使ってはいけません。とホームページに書いてあろうが、関係ありません。

引用として使うのであれば、基本的には使っても大丈夫。というのが法的解釈です。

ただし、書いてあってのに使いましたね?使わないでください。

と言われれば、消さなければならないのが、著作権だと思っています。

権利があるのは、あくまでも創造者側なので。

長くもたせたい記事や、とある事柄についてたくさん書くので、引用を使う機会が多いのであれば、

引用するときは絶対ではないが、許諾を得たほうがいいと思われます。

特に公衆に出てしまうような範囲のものであれば、著作権を気にして作るべきです。

アクセスが少ない僕なんかのブログであれば、攻撃されることはまあ、ありませんが。笑

アクセスが増えているブログの管理者は気にするべきですね。

やろうと思えば、嫌がらせで潰されるかもしれませんし。

なので、どうしてもわからないという場合は、メッセージや問い合わせで使わせてもらえないかを聞いてみましょう。

許諾を得る時に確認するべきこと

その際には、

  • 使いたい箇所
  • 著作物の名前
  • 使う場所のURL(文章や画像なら)
  • 使う理由
  • 使った後の文章(暫定的な)

を送るようにしましょう。

確認には時間がかかってしまうこともありますが、僕もメディアで確認をするときはメールか電話で上記は送るようにしています。

かつ、許可を得た後は、

  • 電話をした相手の部署名
  • 電話をした相手の名前
  • 日付
  • URL

を残すようにしています。

許可を得た著作物が可能でも、他の著作物が可能とは限りませんので、合わせて、他の著作物は今後使っても良いか?をか確認すると良いでしょう。

著作権第32条の引用に気をつけて

 

著作権と引用について学んでみると自分が意外と知らないことに気づかされます。そして、ほとんどのブログがグレーであり、自分も直さなければいけない箇所が多く見つかりました。

気にしなければならないのは、法律は守ってますので大丈夫ですから!

というような人間味のなさではなくて、権利者に対してリスペクトする。汚さない。という点です。

争いが起きるのは、いつだって、合理的な判断ではなくて、後から聞くと何それ!と思ってしまうような感情です。

 

ブログ運営をするとなると、初めは誰の目にもつかないので、何も言われることはありません。

ですが目立てば目立つほどに言われる可能性は増えます。

それは露出頻度が増えるという原因もありますが、もう一つは嫉妬や純粋な憎悪によるものです。

他人の気持ちを害してしまうようなことは目立つものほど気をつけなければならないものなのかもしれません。

面倒かもしれませんが、一度法律事務所のHPや文化庁のHPに目を通してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です